この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

琴南小学校の児童が蕎麦の種まきに挑戦|まんのう町【中讃テレビ】

まんのう町琴南小学校の児童がそばの種まき

[2017.8.29放送分より抜粋]

そばの産地、まんのう町の旧琴南地区で25日、児童たちが蕎麦の種まきに挑戦しました。

この取り組みは、町の特産品である『蕎麦』の栽培・収穫を通して、地域への理解を深めてもらおうと琴南地区学校・家庭・地域連携協議会が実施しました。

そば打ち名人の高尾幸男(ゆきお)さんから教わる

種まきには琴南小学校の3年生から5年生合わせて39人が参加し、地元そば打ち名人の高尾幸男(ゆきお)さんから収穫までのスケジュールと種のまき方などを教わりました。

続いて、学校横の畑に移動をして、種まき作業を始めました。

まず子どもたちは一人引き(ひとりびき)と呼ばれる農機具を使って畑に畝(うね)を作っていきます。

ひとりびきってどんなもの??

たいへん力の要る作業に 子ども達は額に汗しながら取り組んでいました。

畝(うね)が出来上がると、いよいよ種まきです。

種をむらなく蒔くように慎重に作業をこなす子ども達。

美味しい蕎麦になるように願いをこめながら取り組んでいました。

この日種まきをした蕎麦は子どもたちが成長を見守り、10月下旬に収穫、その後、全校児童で蕎麦を打って味わう予定になっています。

※この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。


CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。

1回の放送につき、ほぼ3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とか)に至るまで、住んでいる人でもなかなか見ることのかなわないディープなニュースをお茶の間に届けている。

週に何度か再放送もある。

ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略。

本来「CCVC」だが、ロゴマークを作る際に「CVCやったら顔みたいやし、すわりがええから一個にしよ」ということでCVCになった経緯がある。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれていいる。

「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!