この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【琴平町】現代サーカス「こんぴら・だんだん」 合同記者会見

[2018.8.6放送分より抜粋]

フランス発祥の現代サーカスが9月に琴平町内で開催されることが決定し、8月3日、琴平町公会堂で制作発表が行われました。

琴平で”現代サーカス“が開催

琴平町公会堂で行われた制作発表には現代サーカスを主催する瀬戸内サーカスファクトリーの代表と演出家、それに、片岡琴平町長が参加しました。

はじめに、主催者を代表して田中未知子(みちこ)さんが、

「大好きな琴平の町を歩きながら迫力のある舞台を楽しんでほしい」と挨拶しました。

瀬戸内サーカスファクトリーとは

瀬戸内サーカスファクトリーは、香川県高松市を拠点にフランス発祥の現代サーカスを数年前から県内で公演しているパフォーマンス集団です。

今年9月に琴平町内で行われるサーカスフェスティバルでは、およそ30人のアーティストが出演。

公演期間中は鍛えられた身体で表現される空中芸や獅子や和太鼓などの伝統文化を融合した舞台など、2日間で、19のプログラムが琴平町内数箇所で公演されます。

本物のパフォーマンスを楽しんでほしい

これを受け、片岡琴平町長は、

「琴平町内を歩きながら本物のパフォーマンスを楽しんでほしい」

と期待感を表しました。

このサーカスフェスティバルは9月15日と16日の2日間、琴平町公会堂や一之橋公園など

数カ所で開催されることになっています。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。
1回の放送につき、約3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。
ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!