この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

琴平高校創立80周年記念式典に本広監督講演|琴平町

[2017.11.13 放送分より抜粋]

創立80周年を迎えた琴平高校で11月12日、記念式典が行われました。
              
香川県立琴平高等学校は1937年、昭和12年に琴平町立琴平高等女学校として創立しました。

それから12年後の1949年、昭和24年には、現在の学校名へと変わり、これまでにおよそ2万人の卒業生を送り出してきました。

武道で全国に名を広める

部活動では、剣道、なぎなた、弓道といった武道が全国でもトップクラスで、中でも、なぎなた部は今年のインターハイで優勝するなど、5度の全国制覇を成し遂げています。

記念式典に先立ち、80周年を記念して新調された緞帳が、お披露目されました。

新しい緞帳には、象頭山や満濃池など地域のシンボルで校歌に歌われている場所が描かれています。

デザインは、琴平高校を1961年に卒業し、現在は琴平町文化協会の会長をつとめる
門脇俊文(かどわき・としふみ)さんが手がけました。

門脇さんには、琴平高校同窓会会長でまんのう町町長の栗田たかよしさんから感謝状が贈られました。

卒業生には映画監督の本広克行さんも

続いて、記念式典が行われ、全校生徒699人と卒業生やPTAなど、合わせておよそ800人が出席しました。

式で、中西校長は、

「20年後の百周年に向けて、一層の発展の為に、真摯な実践を積み重ね、職員、生徒ともども努力する決意です」

と式辞を述べました。

生徒を代表し、生徒会長の大谷航太(おおたに・こうた)さんが誓いの言葉を述べました。

式典に続いて、琴平高校を1984年に卒業し、現在は、映画監督として活躍している本広克行(もとひろ・かつゆき)さんの講演がおこなわれました。

在校生、卒業生らがこの節目を祝い、百周年に向けて新たな1歩を踏み出しました。 

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!