この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【琴平町】四国こんぴら歌舞伎大芝居賑わう

[2018.4.9放送分より抜粋]

琴平町に春の訪れを告げる、第34回四国こんぴら歌舞伎大芝居が4月7日に開幕し、会場の旧金毘羅大芝居、通称金丸座は大賑わいとなっています。

晴天に恵まれた開幕初日、金丸座には、早くから大勢の歌舞伎ファンが訪れ、長い列を作りました。

江島生島事件を題材にした作品など

公演は2部構成で行われ、第1部では「江島生島(えじまいくしま)」、「鞘當(さやあて)」、「魚屋宗五郎(さかなやそうごろう)」の3つの演目が上演されました。

このうち「江島生島」は、江戸時代に実際に起こった、江島生島事件を題材にした作品です。

大奥に仕える江島が、歌舞伎役者生島と通じていた事が発覚し、江島は信州へ、生島は八丈島へ流されるという事件。

今回の舞台では、テレビでも活躍する若手人気役者、尾上松也(おのえまつや)さんが生島を演じ、夜桜を眺めながら逢瀬を楽しむ様子を幻想的に表現していました。

続く、「鞘當(さやあて)」には、座頭の中村梅玉(ばいぎょく)さんと、8代目中村芝翫(しかん)さん、橋之助(はしのすけ)さん福之助(ふくのすけ)さん親子が揃って出演。

客席をはさんでのやりとりや、伊達を尽くした衣装など、歌舞伎の魅力が溢れていました。

また、劇中では、芝翫(しかん)さんら親子による、襲名口上も行われました。

四国こんぴら歌舞伎大芝居は、4月22日まで琴平町の金丸座で開かれています。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!