この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

大川神社で一足お先に秋季例大祭|まんのう町【中讃テレビ】

[2017.9.4放送分より抜粋]

香川県で最も早い秋季例大祭 まんのう町大川神社

8月27日、まんのう町の大川山(だいせんやま)山頂にある大川(だいせん)神社で
秋季例大祭が営まれました。

大川(だいせん)神社って?

大川(だいせん)神社は、まんのう町と徳島県三好市の境界に位置する標高およそ1000メートルの大川山の頂上付近にあり、雨乞いと安産の神として知られています。

参考サイト→全国観るなび 大川神社大祭

大川神社は、山頂にあり、平野部より寒くなるのが早い為、秋の大祭が県内でも最も早い時期に開催されます。

今年も多くの氏子たちが集まり、神事が執り行われました。

大川神社ならではの神事

神社の前では、大川(だいせん)神社の宮司と町内の神社の宮司が神楽を奉納しました。

毎年、8月の第4日曜日に行われている為、氏子以外にも、見物に来る登山客もいて多くの人が見守りました。

中でも盛り上がるのが、猩猩の舞(しょうじょうのまい)です。

猩猩は、想像の動物で、酒好きで、酒に酔って浮かれているように舞います。

舞の最中に、猩猩の面をつけた宮司が、柄杓(ひしゃく)に酒をついで、氏子らに振舞います。

その飲みっぷりに、厳かな神事の最中でもこの時ばかりは、笑い声もあがり盛り上がっていました。

今後について

大川(だいせん)神社氏子総代は

「昨年までは、氏子らが神輿を担いで神社周辺を練り歩いていましたが、氏子の高齢化や減少で、今年は出来ませんでした。復活させる方法を考えながら、祭を続けていきます」

と話していました。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。


CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。

1回の放送につき、たいてい3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。

ケーブルテレビの特徴として、ニュース番組だけど、週に何度か再放送もある。

ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

本来「CCVC」だが、ロゴマークを作る際に「CVCやったら顔みたいやし、すわりがええから一個にしよ」ということでCVCになった経緯があるそう。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!