この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

高松市|猪熊弦一郎「私の好きなもの」|四国村ギャラリー

[2019.6.25放送分より抜粋]

丸亀市内で幼少期を過ごした洋画家、猪熊弦一郎の絵画やコレクション等、およそ70品を集めた展覧会が現在、高松市屋島で開かれています。

私の好きなもの

猪熊弦一郎は、高松市出身の洋画家で丸亀市内で幼少期を過ごしました。

現在の丸亀高校卒業後は、海外で活躍し、「いのくまさん」の愛称でも親しまれています。

高松市屋島にある四国村ギャラリーで開かれたこの展覧会は、猪熊弦一郎ゆかりの地で、作品の魅力を多くの人に知ってもらおうと開かれたもので、絵画や趣味で集めたコレクションなどおよそ70点が展示されています。

このうち、「走る風景」には、いのくまさんのユニークなアイデアが詰まっています。キャンバスは、なんと、ダンボール。黒と赤、さまざまな色が調和し見る人の想像力が膨らむとともにいのくまさんの遊び心が感じられます。

猪熊さんの代表作といえば、三越百貨店の包装紙「華ひらく」です。日本の百貨店初のオリジナル包装紙、そのモチーフになっている石も展示されていました。長い間、波に洗われ角の取れた丸い石に心を打たれたそうです。

また、会場には妻・文子(ふみこ)さんを描いた作品が…。

中でも、プルタブを組み合わせたこの作品、よく見てみると、夫婦の名前がしっかり残されていて仲睦まじく様子が伝わってきます。

また、猪熊さんの美への価値観については、全てが平等で、「うつくしい」と感じると

道端に落ちていたものでも拾っていたというエピソードが…。

展覧会に訪れた人たちは作品を通じて猪熊さんの人柄に触れていました。

「猪熊弦一郎展 私の好きなもの」は、四国村ギャラーで開催されていて、パート1の会期は、7月13日まで。19日からはパート2が開かれることになっています。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。
1回の放送につき、約3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。
ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!