この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【丸亀市】土器コミュニティでうどん教室

[2018.11.1放送分より抜粋]

丸亀市の土器コミュニティが10月27日、地域の人たちを対象としたうどん教室を行い、参加者らは和気あいあいとうどん作りを楽しみました

うどん作りでふれあいを

この教室は、もともとは男性料理教室として行われていましたが、より多くの人に参加してもらおうと、2年前から、地域全体を対象としたうどん教室に内容を変え、土器コミュニティの保健部会が開催しています。

およそ40人が参加

この日はおよそ40人が参加し、生地からうどんづくりに挑戦しました。

講師は、もともとうどん店で勤めていて、現在は市内で行われるうどん教室などでも指導をしている郡家町の浜田(はまだ)和幸(かずゆき)さんです。

生地を練る、踏む、伸ばすといった一つ一つの工程を実際にやって見せながら丁寧に指導し、参加者からの質問にも、ユーモアを交えながら、わかりやすく説明してました。

この教室は、男性の参加者が多いのも特徴のひとつ。中には2年連続での参加という男性もおり、その人気が伺えます。保健部会のメンバーをはじめ、女性参加者の明るい雰囲気もこの教室の魅力。初めての経験者にも温かく声をかけ、みんなで楽しくうどんづくりを進めていました。

センターの駐車場では男性スタッフがお湯を沸かしてスタンバイ。

大鍋で、打ち終わったばかりのうどんを茹でていきます。

たまに不揃いの麺が混ざるのもご愛嬌です。

そして、いよいよ試食です。この日は、かけうどん、釜玉うどん、しっぽくうどんの3種類のうどんに仕上げていただきました。参加した人たちは、みんな協力して作った打ち立てのうどんを味わいながら、ふれあいを深めあっていました。

土器コミュニティ保健部会では、このうどん教室のほかもに料理教室や健康講座など年間に20回ほどの講習会を開き、地域住民の親睦と健康づくりにつとめています。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。
1回の放送につき、約3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。
ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!