この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【丸亀市】災害時の畳の供給に関する協定が結ばれる

[2018.4.18放送分より抜粋]

丸亀市は4月12日、災害時に畳を使うことで避難所の生活環境を改善する協定が、丸亀市と災害時に畳を供給する団体との間で結ばれました。

「5日で5000枚の約束。」プロジェクト

丸亀市が協定を結んだのは、地震などで被災した避難所に畳を無償提供している「5日で5000枚の約束。」プロジェクト実行委員会です。
このプロジェクトは、この委員会は全国516店の畳事業者で運営され、災害が発生したとき、全国の畳店が5日以内に新しい畳を5000枚用意し、被災した地区の畳店が避難場所に設置していく、というものです。
この協定を締結したのは、四国内では8番目、香川県内では4番目となります。

締結式の様子

丸亀市役所で行われた締結式には、梶丸亀市長と県内の畳業者の代表者らが出席し、梶市長と

プロジェクトの四国地区委員長を務める岡村友喜(おかむら・ともき)さんが調印書にサインをしました。

締結後の市長あいさつでは、「大きな災害が起これば様々なところで必要となることです。皆さんの判断で動いていただけることをありがたく思っています。」と話しました。

このプロジェクトはこれまでに、2016年に発生した熊本地震で約6,700枚、2017年の九州北部豪雨災害では約330枚の畳を避難所に届けています。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!