この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【多度津町】栄町地区緊急避難路開通式

[2018.03.26放送分より抜粋]

多度津町がJR四国との協定で施工していた栄町(さかえまち)地区緊急避難路がこのほど完成し、3月26日に開通式が行われました。

3月26日から共用開始

この日、JR多度津駅前で行われた開通式には、丸尾多度津町長をはじめ、JR四国のいずみ会長や地元関係者などおよそ80人が参加しました。

式で丸尾多度津町長は、

『老朽化した跨線橋(こせんきょう)は、緊急避難通路や子どもたちの通学路になっています。新しい跨線橋は、これらの安心安全を確保すると共に、駅周辺を活性化していく為に架け替えました。』

と挨拶しました。

この後、丸尾町長や志村多度津町議会議長、地元の児童らによってテープカットが行われました。

式典参加者による渡り初め

続いて、式典参加者による渡り初めが行われました。

今までの跨線橋は、架設から50年が経過し、老朽化していることから大地震発生時に倒壊する恐れがありました。

そこで完成した跨線橋は、今後起こりうる大地震発生時の緊急避難経路などとしておよそ8億3千万円かけて多度津町とJR四国が建設しました。

総延長およそ160mの跨線橋

総延長およそ160mある跨線橋。

設置された町名が栄町(さかえまち)、寿町(ことぶきちょう)、幸町(さいわいちょう)という、どれを見ても幸せな名前が付いていて、地域を繋ぐ橋という理由から「幸せを見る通り」と書き、幸見(ゆきみ)通りとなりました。

参加した人たちは、新しい跨線橋から眺める景色などを堪能していました。

今まで使用していた跨線橋は、3月26日の正午から閉鎖されていますのご注意下さい。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!