この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【多度津町】たどつ商工産業フェアでまちの商工業や産業をPR

[2018.6.19放送分より抜粋]

多度津町の歴史や産業そして企業などを広くPRするたどつ商工産業フェアが、6月10日多度津町民体育館で行われました。

多度津町の商工業や産業をPR

このフェアは多度津町内の商工業や産業、文化などを広くPRし町内での就職、定住、交流の促進につなげようと、多度津商工会議所が毎年開いています。会場には40を超える企業や団体がブースを広げ、イベント開始から多くの人で賑わいました。

各ブースでは企業による活動の紹介のほか、まちの特産品や観光のPR、子どもたちも楽しめるコーナーの設置など、それぞれが趣向を凝らして来場者を出迎えていました。

趣向を凝らしてまちをアピール

中には手軽にものづくり体験ができる子供向けのワークショップを実施するブースも。
薬局店では簡単にできるスライム作り体験が行われ、子どもたちは色とりどりのオリジナルのスライムを作ろうと夢中になっていました。

行列のできる人気を集めたのは多度津高校の写真部と水産生産課が共同で作っているアヒージョの限定配布。白方カキ多度津オリーブなどで作られた缶詰で集まった人たちも興味津々のようでした。

体育館の一角にはステージが設けられました。ここでは開会セレモニーに続いてアトラクションも行われ多くの人が集まりました。

ステージも盛り上がる

その一つが多度津高校書道部による書道パフォーマンスです。

多度津高校書道部は、昨年のうどん県書道パフォーマンスで見事、優勝に輝くなどの活躍を見せています。たて4メートル、横6メートルの巨大な半紙に力強く筆を走らせる生徒の姿に会場の人たちも目を奪われていました。

また多度津中学校吹奏楽部の演奏ではさらに観客も増え、ステージはますます盛り上がりを見せていました。

このほか体育館の駐車場では多度津商工会議所の女性会や青年部などによるバザーが軒を連ね、お昼ごろには多くの人が利用していました。この日集まった人たちは、多度津町のまちの取り組みや企業の頑張りなどを肌で感じていたようです。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。
1回の放送につき、約3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。
ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!