この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

丸亀市|水不足を救った人物岡田久次郎まつり

[2019.5.10放送分より抜粋]

江戸時代、水不足に苦しむ人々のため、私財を投じてため池を造った、丸亀市綾歌町の岡田久次郎(おかだ・きゅうじろう)に感謝するイベントが、岡田コミュニティセンターで開かれました。

水の恩人へ感謝、久次郎まつり

岡田久次郎は、江戸時代初期に私財を投じて、まんのう町に亀越池(かめごしいけ)を築き、干ばつに苦しむ岡田村(おかだむら)の人々を救った人物です。

その功績に感謝し、後世に伝えていこうと、2年に一度、地元住民らが協力してこのような祭りを催しています。

この祭りのメイン会場となる特設ステージでは、綾歌火天狗(ひてんぐ)太鼓(だいこ)の勇壮な演奏のほか、あやうた幼稚園と岡田保育所の子どもたちが元気いっぱいのダンスを披露するなど、地域全体で祭を盛り上げました。

センターの中では、岡田小学校の児童が描いた作品の展示のほか整体の治療体験やネイルコーナーなどで行われました。

こちらは、多くの親子連れでにぎわっていた似顔絵の作成コーナーです。わずか2分ほどで、ご覧のようなかわいい似顔絵が仕上がります。

似顔絵を書くのは四国中央市在住で日本漫画家協会会員の藤岡さん。

写真とは違った思い出が作れると毎回人気のコーナーです。

この日も藤岡さんに似顔絵を書いてもらおうと多くの子どもたちが集っていました。

またお昼ころには、バザーコーナーにも行列が。

集まった人たちは、ラーメンやうどんなどを買い求めては、家族や友人との昼食を楽しんでいました。

この日、会場には朝から多くの地域住民が足を運び、家族や地元の人達との交流を深めながら、水不足解消に尽力した地域の偉人、岡田久次郎の功績に感謝を捧げていました。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。
1回の放送につき、約3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。
ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!