この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【丸亀市】城西小学校で城西まつり賑わう

[2018.11.1放送分より抜粋]

丸亀市の城西小学校で、第31回城西まつりが開かれ、地域の人たちがイベントやバザーで楽しい時間を過ごしました。

地域のふれあいを楽しむ

「出会い・ふれあい・よろこびを」をテーマに行われた今年の城西まつりは、城西地区の連合自治会や婦人会、小中学校のPTAなど17の団体が協力して行われました。

会場には開始早々から多くの人が詰めかけ、イベントやバザーなどで楽しみました。

子どもたちに大人気「遊びの広場」

小さな子どもたちにも人気があったのが「遊びの広場」です。

四国職業能力大学校が実施したオリジナルの塗り箸づくりや地域の建設会社が行ったクラフト教室など8種類の遊びが用意され、子どもたちは夢中になってゲームや工作に取り組んでいました。

城西地区老人クラブ連合会が行ったじゃんけん大会は、子どもたちは、お年寄りたちと順番にじゃんけんをし、最後まで勝負をしたら景品がもらえるというゲームです。

毎回このお祭りでも人気のある遊びの一つで、この日も多くの子どもたちがお年寄りとの「じゃんけん対決」を楽しんでいました。

香川県警察音楽隊もまつりに参加。交通安全教室と演奏を行い、多くの人が集まりました。

特に、子どもたちもよく知っている曲が演奏されると大喜びで盛り上がっていました。

お昼前になるとこちらのバザーコーナーも大忙し。フランクフルトやポップコーン、

うどんや焼き鳥など、沢山の模擬店が並び、多くの人が買い求めていました。

飲食スペースは親子連れを中心にお昼ご飯を食べる人たちで満席状態。

子どもたちも口いっぱいに頬張り、家族や友達と美味しく昼食を楽しんでいました。

午前の部で最も多くの人が集まったのがビンゴ大会でした。カードを手にした子どもたちの表情も真剣。数字が読み上げられるたびに歓声が上がっていました。

このほか、地元中府町(なかぶ)ちょう)の獅子舞や富くじの抽選会、健康測定なども行われ、

子供からお年寄りまで、多くの地域の人が楽しい時間を過ごしました。

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!