この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

まんのう町|川西修会長を祝う会|広袖集会所

[2019.3.8放送分より抜粋]

平成30年 秋の叙勲(じょくん)で旭日小(きょくじつしょう)綬章(じゅしょう)を受章(じゅしょう)したまんのう町出身で幸南食糧の会長である川西修(おさむ)氏の祝賀会が、2月26日、まんのう町で行われました。

旭日小綬章受章を祝う

川西さんは、

1946年にまんのう町に生まれ、1976年に大阪で幸南食糧株式会社を設立。2000年には米穀業界では初となる「ISO(アイエスオー)9001」を取得するなど、食の安心・安全にいち早く取り組んできました。

現在は、関連会社4社の代表取締役を務めるかたわら、講演活動にも力を注いでおり、それら産業振興への功績が認められ、昨年秋の叙勲で旭日小綬章を受章されました。

この日は、川西さんの故郷まんのう町で祝賀会が行われ、会場には、栗田まんのう町長や川西さんの同窓生などおよそ50人が集まりました。

この日、主催者を代表してひめごのみ出荷組合の岩倉組合長は、

「今もなお郷土を思う心が今回の受章に繋がったと思います。これからも引き続き地域のため、社会のために頑張ってください」と

川西さんの功績をたたえました。

これに対して、川西さんは

「生まれ育ったまんのう町は心のふるさと。今日は人生最大の喜びの日になりました」

とふるさとへの感謝と受章の喜びを言葉にしました。

川西さんは、同窓生らとの会話を楽しみながら、改めて綬章の喜びを噛み締めていました。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

中讃テレビの「CVCニュース」は初回放送が月曜〜金曜の18:30〜18:45までの15分番組。
1回の放送につき、約3本のニュースを放送している。

中讃地域で行われる地元のイベントや夏まつり、花火大会、秋のちょうさ祭りなどの大きなイベントはもちろん、小中学校の運動会、卒業式、遠足や課外活動(やっぱりうどん体験とかもある)に至るまで、中讃地域に住んでいる人もなかなか見ることがかなわないディープでニッチなニュースをお茶の間に届けている。
ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!