この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

丸亀市|多様な価値観を認め合う演劇ワークショップ|城西小学校

960

演劇を通じて子どもたちのコミュニケーション能力や表現力を育成するワークショップが、9月19日、丸亀市内の小学校で行われました。

多様な価値観を認め合おう

新しい丸亀市民会館の整備を進めている丸亀市では、現在、文化芸術を通して誰一人孤立させない社会を目指そうと今年度から市内の小学校で演劇を用いたワークショップを開催しています。

こうした中、丸亀市の城西小学校では演出家の(わたなべ・なおこ)さんと俳優の(こうの・さとる)さんが講師に招かれ、5年生の子どもたちが台本を持たずに自由に作り上げる即興演劇を行いました。

まず、子どもたちは5つのグループに好きな授業や食べ物など、その理由と合わせて紙に書き出します。そして…

登場したのは、あらゆることが嫌いという「アンチ大魔王」。

劇で、子どもたちは、自分たちがなぜそれが好きなのかを一生懸命説明しますが、価値観が違うアンチ大魔王になかなか受け入れてもらえません。

それどころか、自分たちがなぜそれを好きなのかを見つめなおす場面も…。

子どもたちは演劇を通じて互いに認め合う大切さを学んでいました。

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!