この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

まんのう町|まんのう町消防団チェーンソー講習会|土器川河川敷

[2019.2.26放送分より抜粋]

まんのう町の消防団が2月24日、町内の土器川河川敷などを会場に、チェーンソー講習会を行いました。

 緊急時に備えて

この講習会は、今年度、まんのう町消防団に災害時に使用するチェーンソーが配備されたことから実施されました。

消防団では、大雨や地震など災害が発生した際に、生活道路の安全確認を行う任務があります。強風などで木が倒れ道路をふさいだ時には、チェーンソーを使って切断し、道路の確保に努めます。

今回参加したのは、まんのう町消防団の団員45人と仲多度南部消防組合消防本部の署員7人です。

講師は香川西部森林組合の会員12人が務めました。

河川敷で行われた講習では、使用前の保守点検方法や使用における注意点、現場で発生したトラブルの対処法などの解説が行われました。

解説に続いて、実技が行われ班ごとに分かれ、実際に木をチェーンソーで切り、講義で習ったことを実践しました。

消防団では消防の技術向上に加え、今後は防災技術の強化も行う、としています。

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!