この記事をお届けした
さぬきコレクションの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

【まんのう町】琴南小学校で茶摘み体験

[2018.5.9放送分より抜粋]

立春の2日4日から88日目にあたる5月2日は、「八十八夜(はちじゅうはちや)」と言われ、茶摘みに適した時期と言われています。

こどもたちが茶摘みを体験

こうした中、9日には、琴南小学校の子どもたちが茶摘みを体験しました。まんのう町の琴南小学校では毎年、本格的な茶摘みシーズンを迎えるこの時期に茶摘みの体験学習を行っています。

この日は、全児童70人が参加、香川県農業試験場の職員から説明をうけたあと、ビニール袋を持って茶畑に入っていきました。

琴南小学校の茶畑で

琴南小学校には長さおよそ30メートル、幅1メートル程の茶畑があり、「やぶきた」という品種を栽培しています。新芽は、鮮やかな緑色をしていることから子どもたちでも簡単に見極めがつくそうで新芽の先端から三枚目の葉までを摘み取る一芯三葉(いっしんさんよう)という方法で1つ1つ丁寧に手で収穫していきました。

今年、収穫できたのは2キロ弱。3月の気温が低かったことが影響し、例年より収穫量は少ないそうですがそれでも子どもたちは、学校の伝統行事を楽しんでいました。

琴南小学校によりますと収穫された新茶は、まんのう町内で加工し、その後、子どもたちに配ることになっています。

この記事は、中讃テレビで放送中のニュース番組「CVCニュース」内で放送された内容です。

CVCニュースって?

ちなみにCVCは「Chusan Cable Vision Corporation」の略らしい。

香川県とケーブルテレビ

日本一小さい県と言われる香川県は、西讃、中讃、東讃と3つのエリアに文化圏が分かれている。「中讃テレビ」はその真ん中、中讃地域に位置しているケーブルテレビ局。

活動、放送エリアは丸亀、多度津、まんのう、琴平。

中讃テレビの情報はこちらから

中讃テレビ公式ホームページ

この記事をシェアしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローで最新記事をチェック!